草コインとは?

草コインとは、値段も安く、時価総額が少ない通貨のことを指します。

草コインの明確な定義はありません

こちらのサイトをご覧いただいている方は、少なからず「草コイン」って何だろう?草コインにちょっと興味を持ち始めた。草コインの取引をしてみたい。そのように思われてのことと存じます。

敢えて、定義として記すならば、

  • 価格が20円未満
  • 時価総額10億未満

こちらは少し意図して数字を多めにしています。
草コインは今後も新規発行が増えてくるはずです。10000通貨は、今後20000、100000と増えていく可能性が高いです。ひとくくり1円未満!とか、時価総額は少ない方がいいというのは、ボラティリティの問題や通貨真偽などの問題もあり、安易にそれを推奨するものではないと考えます。

草コインの盛り上がりは、過去のBitcoinやアルトコインの動きから想像されたものと言える

Bitcoin(ビットコイン)は仮想通貨における基軸通貨と言えます。
アルトコインは、Alternative Coinの略称です。ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)を指します。
では、草コインは何か?
草コインは、海外ではshit coin とも言われているのですが、超マイナーなコインで、時価総額、取引量、実際の価格などが相当低い通貨がそれにあたります。

ただ、これだけ仮想通貨が世に知れ、取引人口も増加していく中で、かつてのBitcoin、アルトコインの最初の頃はどうだったのか?ということを知った人たちが、「次なるBitcoinを探せ!」と、まるで宝物探索のような形で、草コインを模索する動きが活発化しました。

宝物を探せとは言うけれど、宝くじよりは確率が断然良い!

今はまだほとんど値段がついていない状態であっても、通貨コンセプトが良く、しっかりとした計画がある通貨であれば、ある日突然、火柱高(ひばしらだか)を演じる可能性もあります。


確かに通貨の種類はすでに10000種類以上ありますが、宝くじが当たる確率よりも遥かに高いです。しかも「当たる」という表現は草コイン探索にはあてはまらず、しっかりと調査分析をして投資をする形になります。
宝くじ2億円が当たる確率は1000万分の1で、あくまでも偶然の産物です。

草コインの通貨量も確かに10000以上ありますが、くじではありませんので狙うことが出来ます。偶然とは違い、調べることがきちんとできるのです。

本内容は、もっと詳しく別カテゴリで記載して参りますが、
10000円の投下資金で10000倍になれば、1億円となります。

そんな上手い話しがあるはずないと思われるかもしれません。過去の値動きをさかのぼって、「あの時買っていれば」というのはフェアじゃないかもしれません。実際に仮想通貨では2倍になった、10倍になったというのは、日常茶飯事です。話100分の1の100倍という世界もです。

では、メジャー仮想通貨のETH(イーサリアム)のチャートを見てみましょう。

ETH 現物 日足チャート

↑ こちらのチャートは、ETH現物日足チャートです。

値段は2020年の8月ぐらいから動意づいてきて、一年しないうちに38万円越えとなっています(2021年5月現在)

チャート上の左の頃は、2019年2月ぐらいです。この頃の値段は12000円前後です。つまり2年3か月で元金が30倍以上になっている計算です。

こちらは、2020/01/27付けのGMOコインのプレスリリースです

ご覧頂ければ、たった1年ちょっとで主要通貨の値段が様変わりしたという事実がわかります。

つづいて、最近、物凄く人気の出た通貨として柴犬の通貨 Dogeコインの値動きをみてみましょう。

Doge/USDT(ドージコイン)の日足

上記は、DOGE/USDTの日足です。
チャートの左の方の値段は、0.00226ドルです。でも2011年5月現在 0.72ドルを超えています。
ザっと元金は318倍になっている計算です。

10000円買って寝かせたら3180000円になったということですね。
そしてもしかすると、これはまだまだ途中経過の値段で、この先もあるかもしれないと考えたらいかがでしょう。

上記の0.72ドルを今の為替レートが110円と仮定して計算しても日本円で1通貨単位が79円です。

ここまでのすごい上昇をした後であってもまだ100円もしない仮想通貨です。

このように色々見ていくと、決して宝くじではなく、狙える利益が潜んでいると考えられませんか。

あくまでも優良で、まだ大きな上昇を遂げていない通貨を探し、内容を調べ、実際に最初の投下資金を少し投じてみるという流れは、経済行為となりますので、その道中でたくさんの情報検索をするうちに、いつしかニュースを追うようになり、調べるようになり、分析するようになるはずです。

その一助を「草コインJP」が担うことが出来ればと考えています。

※当然ながら投資・投機の類にはリスクも伴います。ですが考えようによっては、仮想通貨の取引は現物投資からハイレバレッジの投資、証拠金取引の投資まで可能です。
ご自身の判断とスキルと資金力に応じた、自分なりのスタイルでの投資が出来るのではないでしょうか。

草コインを選ぶ際の重要なポイント3点

  1. 時価総額や現在の値段などの数値情報を見る
  2. 通貨コンセプトや開発状況など言葉の情報を得る
  3. 該当通貨がどの取引所で購入できるのかを調べる

①時価総額や現在の値段などの「数値」情報を見る

友人から聞いたり、twitterのタイムラインで話題になっていた、など、必ずきっかけあって、草コインの入手を考えたのだと思います。やはり聞いた内容を自分でしっかりと確認して、投資をするなら納得して買えるようになりたいものです。

その際には、まずは数値情報を見ましょう。

owlcoin
OWLCOINサイト

運営サイトのOWLCOINでは、10000種類以上の通貨情報があります。ログインしなくても情報検索は出来ますが、ログインしてから検索をすると、OWLPOINTが自動で付与されますので、お得です。

OWLCOINの一番左上に「通貨を検索」という検索窓があります。こちらに、調べたい通貨の略称(例:Bitcoinなら、BTC)や、通貨の正式名称を入れて検索ボタンを押してみてください。

該当通貨が下のほうに表示されますので、クリックしてみてください。より詳細な情報が書かれています。

こちらの情報は、OWLCOINにご登録の方が記事を書いてくださっています。サイトコンセプトは「集合知」で、記事ひとつひとつの蓄積と分析から、さらに高次元の情報を提供できるように尽力しております。是非ご参考にされてください。

実際の事例

では、実際の検索事例をご紹介いたします。下記は、OWLCOINで、「WINk(略称:WIN)」という通貨を検索した内容です。(2021年5月8日現在)

OWLCOINで通貨検索

↑ このような画面になります。

ここで得られるのは以下の内容です。

  • 現在価格=現在の値段
  • 時価総額=通貨1単位当たりの時価に流通発行量を乗じて計算したもの
  • 時価総額ランク
  • 24H取引量
  • 24H変動額
  • 24H変動率
  • ラインチャート

現在価格の「¥0.14」と書かれているのは、1通貨単位の現在価格が0.14円ということです。1円以下ですね。昔の呼び方であれば、14銭です。
その他の項目を確認すると時価総額が1099億で、ランクは114位、24時間の取引量も300億以上あります。

立派な市場として存在しています。

通貨コンセプトや開発状況など言葉の情報を得る

上記のOWLCOINにおいて、数値情報の下部には、言葉で書かれた情報もあります。

これらは通貨の本質であるとか、何を目指しているのか、などの情報が書かれています。これらの情報は「通貨コンセプト」と言えます。得たいの知れないものを買うのは、ちょっと気持ちが悪いですよね。

ですから、しっかりとした通貨コンセプトを吟味されて、自分が応援できる通貨なのかどうかを見ていくことも必要でしょう。ただ儲かるから買うという感覚よりも愛着がわくかもしれません。

特に草コインの場合には、日々の売買を行ってもいいのですが、長くホールドしたいという方も多いようです。長く持つということは、その通貨コンセプトに賛同できることが一番だと思います。

実際の事例

価格などの数値情報と同じように事例をみていきましょう。

OWLCOINには通貨情報も掲載されています

通貨コンセプトを知ることはとても大切です。わけがわからないものに投資するのではなく、しっかりとした情報を得て、共感を得られるものを選ぶことが出来れば、長く保有する(長期ホルダー)ことが出来ることでしょう。

該当通貨がどの取引所で購入できるのかを調べる

仮想通貨の数値について確認をした!通貨コンセプトも共感が出来る!
しかし、特に草コインの場合は、その該当通貨を扱っている取引所じゃなければ買うことが出来ません。この問題が一番悩ましいところです。

せっかく意を決して買おうとしても、扱っていなければ買うことが出来ないのです。
仮想通貨の購入は、第一段階としては「取引所選び」から始まります。

取引所の口座開設のオススメ手順

①まずは国内の取引所に口座開設

②続いて海外の取引所に口座開設

この流れが一番いいです。理由は、まず海外の取引所を先に口座開設したとしても送金方法がクレジットか、または通貨送金というスタイルだからです。クレジット送金が出来るは確かに便利なのですが、実際には手数料がそれなりに高く口座反映されるまでの時間もかかります。

国内取引所に口座を作って、そこで主要な通貨を現物買いしておきます。(レバレッジとか暗号資産FXではなく、現物です)
そのうえで、海外取引所に口座を作り、国内取引所から現物買いしておいた仮想通貨を送金するという形がオーソドックスな流れと言えます。

その際、国内取引所で購入する仮想通貨は、ETH(イーサリアム)とかXRP(リップル)が今のところオススメです。

理由は、送金スピードがBTC(ビットコイン)よりもかなり早いからです。

実際に、買いたい草コインがあったとしても海外取引所で預入が確認されるまでの時間が長ければ、値段のチャンスを逸してしまうかもしれません。

上記の流れは現在のところ最も有効だと言えます。

取引所選び

【国内】・・・日本の取引所は金融庁管轄となります。今後も取引所が登場する可能性がありますが、やはりプラットフォームの操作のしやすさとか、送金のしやすさ、などそれぞれメリット・デメリットがあると思いますので、やはり2か所ぐらい口座開設をしておくとよいでしょう。

【海外】・・・数多くの仮想通貨を扱っているところを一つ、それから将来レバレッジ取引を利用することを見越して一つ。やはり2つぐらいは口座開設をしてくと良いと思います。草コインを購入する場合には、
通貨取扱量は、ひとつの指標になると思います。せっかく海外の取引所に口座開設をするのであれば、取扱通貨量が多い取引所を選ぶべきだと思います。

↑ Binance(バイナンス)は世界で一番仮想通貨の扱い量が多く、日本語に完全対応しているのでオススメの取引所です。Binanceの説明はこちらから。

買い方ガイド

Latest Price and Chart for Major

bitcoin Bitcoin
¥4,129,935.91
ethereum Ethereum
¥270,847.95
tether Tether
¥109.04
binancecoin Binance Coin
¥35,139.78
cardano Cardano
¥145.02
ripple XRP
¥76.34
dogecoin Dogecoin
¥21.38
polkadot Polkadot
¥1,885.27
uniswap Uniswap
¥2,300.71
litecoin Litecoin
¥14,939.34